よくある質問|藤沢市辻堂の歯医者・歯科|齊藤歯科クリニック

MENU

よくある質問
  • HOME
  • よくある質問

当院に寄せられるよくある質問にお答えいたします。

唾液検査

Q

唾液検査の前に気を付けることはありますか?

A

注意点が三つあります。検査の6時間前からは、アルコールなどが含まれた洗口液を使用しないでください。1時間前からは、飲食・喫煙・歯磨きをしないようにお願いします。また、運動をすると唾液の分泌が減るため、検査前はなるべく避けましょう。

Q

唾液検査の結果はいつ分かりますか?

A

菌の培養期間を経て、約1週間後に結果が出ます。

Q

唾液検査は、何歳でも受けられますか?

A

検査では、5分間固いガムを噛んで、唾液を出し続けていただきます。ガムを噛めないお子さま等の方でも歯垢をとって培養するため、何歳でも検査を受けることが可能です。

フッ素

Q

フッ素にはどんな作用がありますか?

A

歯からカルシウムが溶け出す「脱灰」を抑制する作用があります。また、いったん溶け出してしまったカルシウムを歯に取り込む「再石灰化」を助ける働きもあり、歯の質そのものを強くしてくれます。さらに、むし歯菌自体の活動を抑える働きもありますので、むし歯予防にお薦めです。

Q

フッ素は子どものむし歯予防という印象があります。

A

ご年齢に関係なく、むし歯予防にはフッ素が役立ちます。

特に、乳歯から永久歯に生え替わる時期はエナメル質の結晶構造がまだ弱いため、フッ素で歯質を強化することがお勧めです。また、ご年配の方は歯の根元にむし歯ができて歯を失うケースが多いので、フッ素でむし歯を予防すると良いでしょう。なお、どの年代の方でも歯と詰め物との境目はむし歯になりがちですから、フッ素を利用して予防することをお勧めします。

キシリトール

Q

キシリトールとは何ですか?

A

白樺など木の原料から作られる甘味料です。

Q

キシリトールにはどんな作用がありますか?

A

まず、甘いので唾液の分泌を促す作用があります。一方で、お口の中の菌にとってエサとならないため、むし歯菌の増殖を抑えることにつながります。結果として酸も作らせないので、歯が溶けるのを防ぐことが可能です。

Q

キシリトールは、妊娠中のむし歯予防にも使えますか?

A

はい。出産前、あるいは出産後に、キシリトールガムを噛むことをお勧めします。

その他

Q

初診にかかる時間はどのくらいですか?

A

1時間ほどです。

当院は予防型の歯科医院であり、全ての患者さまにコンサルテーションと唾液検査を行っているため、お時間を長めにちょうだいしています。また、初診時には診療同意書にご記入いただきますので、こちらを事前に準備して来院なさいますと、よりスムーズに進めることが可能です。
>診療同意書
※PDF形式の文書をご覧いただくには、AdobeR ReaderR プラグイン(無料)が必要です。
お持ちでない方はこちらから入手できます。