マイナス1歳からのむし歯予防|藤沢市辻堂の歯医者・歯科|齊藤歯科クリニック

MENU

マイナス1歳からのむし歯予防
  • HOME
  • マイナス1歳からのむし歯予防

お母さまのお腹にいる時(マイナス1歳)から、むし歯予防を

妊娠中(マイナス1歳)から、赤ちゃんのむし歯予防を始めましょう。

生まれてくる赤ちゃんが歯を健康に保ち快適に暮らせるよう、妊娠中にお母さまがしてあげられる予防方法があります。親御さまであれば、大切な赤ちゃんに将来むし歯で辛い思いをさせたくないことでしょう。むし歯になるメカニズムについてよく知り、少しでも早いうちから予防を始めませんか?

むし歯の原因は、ミュータンス菌

むし歯の引き金となるミュータンス菌(むし歯菌)は、生まれつきお口に存在しているわけではありません。お母さまを始めとする周囲の方から、後天的に赤ちゃんに感染するのです。
お母さまのお口にミュータンス菌が多いほど赤ちゃんにも多い傾向があり、むし歯のリスクが高まると考えられています。そのため、赤ちゃんをむし歯にさせないよう、お母さまはもちろん、周囲の大人全員がご自分のお口からミュータンス菌を減らすことが重要です。
大人の方が使ったお箸で赤ちゃんにも食べさせたり、食べ物を噛んで柔らかくしてから与えたりするのは絶対に避けてください。

お口からミュータンス菌を減らす方法

当院では、「キシリトール」と「定期的なお口のクリーニング」をおすすめしています。
むし歯になりにくい甘味料には様々な種類があり、中でも予防に役立つのがキシリトールだと考えます。妊娠中に決まった量のキシリトールガムを毎日噛み、当院でお口のクリーニングを受けることで、それまでむし歯になりやすかったお母さまでもリスクを減らすことが可能です。ご自分の新たなむし歯を予防するとともに、赤ちゃんをむし歯ゼロで育てることも夢ではありません。
まずは、お母さまのむし歯リスクを把握することが必要です。赤ちゃんの将来のため、当院で唾液検査を受け、リスクを調べてみてはいかがでしょうか。